HOME>ホットトピックス>軽減税率制度に伴って給与計算システムを導入しよう

軽減税率制度に伴って給与計算システムを導入しよう

オフィス

まずは軽減税率について知る

軽減税率とは、消費税が10パーセントに増税するのに伴い導入される予定の、生活必需品などの特定品の消費税が8パーセントのまま据え置きになる制度です。増税による消費者の負担を緩和することができますが、一方で特定品の線引きが難しいなどの課題も浮上しています。

PCを操作する人

専門会社にサポートしてもらう

軽減税率制度はすべての事業者の経営に影響します。軽減税率の対象品目を確認し、自社の製品を確認するだけでなく、経理処理の変更や請求書などの様式の変更等、さまざまな対策が必要となります。自社だけで対応しきれない場合は、専門会社にサポートしてもらいましょう。

女の人

給与計算システムも導入しよう

この税率変更は給与計算に影響を与えます。トラブルが起きる前に給与計算システムを導入しましょう。給与計算の業務の効率化を図る目的で、このシステムを導入している会社は多くあります。まだ導入していない場合は、給与計算システムの導入で税率変更の対策としましょう。

給与計算システムで得られるメリットベスト3

男性と女性
no.1

経費が削減できる

給与の計算を給与計算アウトソーシングとして他者に委託する場合は経費が発生します。それを給与計算システムを導入することで自社で解決すれば、その計算にかかる経費は発生しないため、経費の大きな削減となるのです。

no.2

情報の流出対策となる

他社に給与計算を委託するということは、大切の個人情報を送信することになります。自社で全て給与の計算を行うとなると、他社に情報を送る必要がなくなり、個人情報流出のリスクを抑えることができます。

no.3

給与規定が異なる従業員にも対応しやすい

近年、一つの会社の中には正社員、アルバイト、パートなど、様々な雇用形態が存在しており、給与規定もそれぞれ異なっています。給与計算システムは、規定に合わせたフォームを個人別に登録できるため、手間もトラブルのリスクも削減できるためおすすめです。

広告募集中